宇和島青年会議所とは?

まちづくり委員会 事業計画

 このまちの未来のために

まちづくり委員会 委員長  萩森 充志

 2020年から今なお続く新型コロナウイルス感染拡大、そして毎年のようにどこかで起こりうる自然災害問題、さらに近年、日本では少子高齢化、人口減少社会に突入しており私たちが住み暮らす宇和島圏域においても急激に進行しています。また、若年層の人口流出や高齢化により地域産業の担い手不足も深刻な問題となっています。将来のこのまちの地域経済は縮小され社会全体に危機的な状況をもたらすおそれがあります。今こそ、このまちの未来のために市民一人ひとりがこれからの社会の変化を認識し、真剣に向き合わなければなりません。こうした中、いまを生きる私たちが率先してこの地域の新しいまちづくりの起点となり持続可能な地域社会の実現に向けて行動する必要があります。

まずは、私たちが住み暮らす地域のことをよく知り、まちの現状を理解してもらう機会を作ります。そうすることで、郷土愛を育み、まちづくり運動への意識向上につなげます。そして、少子高齢化、人口減少社会の課題と向き合い、私たちなりの視点でこのまちの未来のためにいま何ができるのかを考え、精査し、行動します。さらに、人口減少に歯止めをかけるために行政や他団体と協働し、参加者みんなが幸せになれる地域活性化事業を行います。また、まちづくりは人づくりであると言われるように人と人とのネットワークが大切です。今こそ、行政や他団体が相互に連携することで人口減少解決への糸口になると考えます。

私たちが率先してこの地域のまちづくり運動を発信していくことで、一人ひとりの意識に変化を起こし、当事者意識を持ってこのまちを想い行動する人が増え、さらに地域全体へ波及していき、持続可能な明るい地域の未来を創造します。

事業計画

1.持続可能なまちづくり事業の実施

2.同じ志をもった人財の発掘

3.理事長が指定する事業及び外部団体への協力